東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【企画政策課】
トップ > 移住・交流情報 > 空き家活用 > 改修費等への補助
情報掲載日: 2018年 5月11日

空き家改修費の補助金を拡充します!(空き家活用定住支援事業)

東温市では、定住促進と地域の活性化を目的に、空き家バンクに登録された物件を賃貸借又は購入し、東温市に移住される方に対し、空き家の改修費を補助します。平成28年度から補助限度額を拡充しました。

 

1.補助対象となる住宅

愛媛県空き家情報バンク又は東温市空き家バンクに登録された住宅をいいます。ただし、次に掲げるものを除きます。

ア集合住宅で賃貸営業用のもの

イ社宅、寮その他給与住宅

ウその他市長が不適当と認めるもの

>>愛媛県空き家情報バンクはコチラ(外部サイト)

>>東温市空き家バンク制度要綱はコチラ(別ページ)

>>東温市空き家バンクはコチラ(外部サイト)

 

2.補助対象となる方

(1)東温市へ定住※1する意思を持って転入した方※2又は東温市空き家バンクに利用登録し東温市へ定住する意思を持って転入しようとする方で、次の要件を全て満たす方です。

ア愛媛県空き家情報バンク又は東温市空き家バンクに登録した空き家を定住の目的で賃借又は購入した方

イ空き家が所在する自治会等に加入し、地域の活性化に寄与しようとする方

ウ東温市へ転入しようとする方で、継続して1年以上市外に住所を有している方又は東温市に転入して1年未満の方で、

 転入時に継続して1年以上市外に住所を有していた方

 

※15年以上の居住を前提として、市の住民基本台帳に登録され、かつ、東温市に生活の本拠がある方

※2県内の高等学校、大学、高等専門学校等への就学や、所属企業等の業務命令に基づく転勤又は所属企業と

 関連のある企業等への赴任、また、県内に住民票を有する方との結婚による転入者は補助対象外とします。

 

(2)上記(1)の要件に該当する方と5年以上の賃貸借契約を締結した空き家の所有者

 

 

 

3.補助対象経費と補助金額は下表のとおりです。

補助対象者

 

住宅改修の補助

(補助対象経費が

50万円未満は対象外)

 

家財道具搬出等※4の補助

(補助対象経費が

5万円未満は対象外)

県外からの移住者で住宅改修を行う

A働き手世帯又はB子育て世帯

A働き手世帯※1

補助対象経費の2/3

⇒上限額200万円

 補助対象経費の2/3

⇒上限額20万円

B子育て世帯※2

補助対象経費の2/3

⇒上限額400万円

市内(指定地域外)で住宅改修を行う

C移住者又は移住希望者

D上記Cの該当者と賃貸借契約した

 空き家の所有者

補助対象経費の1/2

⇒上限額50万円

補助なし

市内(指定地域)※3で住宅改修を行う

E移住者又は移住希望者で、

 働き手世帯又は子育て世帯

F上記Eの該当者と賃貸借契約した

 空き家の所有者

補助対象経費の1/2

⇒上限額100万円

補助なし

 

※1働き手世帯補助金の交付申請日に50歳未満の方がいる世帯

※2子育て世帯補助金の交付申請日において、中学生以下の子がいる世帯

※3指定地域山之内区、河之内区、井内区、滑川区

※4家財道具搬出入居又は住宅の改修のために不要な家財道具の搬出入、処分又は清掃費用

 

※詳しくは、下記担当課までお問い合わせください。

 

関連サイト

 東温市移住・定住支援ポータルサイトへ(外部サイト)

 とうおん応援ポータルサイトとうおんNOTE(外部サイト)

 

 

 

 

添付ファイル

 空き家改修費用補助金ちらし(表)空き家改修費用補助金ちらし(裏)            

 

東温市空き家活用定住支援事業補助金のチラシ(PDF)

 

補助金拡充の概要

 

東温市補助金等交付規則

様式関係

 様式第1号(補助金交付申請書)

 様式第2号(事業計画書)

 様式第3号(収支予算書)

 

東温市空き家活用定住支援事業補助金交付要綱

様式関係

 別記様式第1号(同意書)

 別記様式第2号(誓約書)

 別記様式第3号(施工承諾書)


担当課・部署: 【企画政策課】
トップ > 移住・交流情報 > 空き家活用 > 改修費等への補助
ページの先頭へ戻る