東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【社会福祉課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 福祉 > 障がい者福祉 > 自立支援医療(精神通院)
情報掲載日: 2019年11月 1日

自立支援医療(精神通院)

 指定医療機関での通院による精神疾病の治療に対し、治療費の一部を公費負担する制度です。原則として、医療費の1割が自己負担となります。また、課税状況等に応じて、負担上限月額が決められています。

 

対象となる方

 総合失調症、精神作用物質による急性中毒または依存症、知的障がい、精神物質その他の精神疾患を有し、継続して通院による治療を必要とする人が対象となります。

 

申請に必要な書類

 申請時に必要となる書類は以下のとおりです。

1新規、再認定

 (1)自立支援医療費支給認定申請書

 (2)診断書(※1)(主治医が作成したもの)

 (3)同意書兼申立書

 (4)保険者証の写し(国民健康保険の場合には、家族全員分が必要です。)

 (5)年金証書、年金裁定通知書、年金振込通知書等(障害年金、遺族年金等を受給されている方のみ必要です。)

 (6)マイナンバーがわかるもの(ご提出の際に、本人確認書類が必要になります。)

 

 ※1精神障害者保健福祉手帳の申請を同時に行う場合、精神障害者保健福祉手帳用の診断書で代用することができます。

 また、一定の条件を満たせば、診断書の提出を省略できる場合がありますので、指定医療機関にご相談ください。

 

 

2記載内容の変更

 住所、氏名、保険、医療機関など受給者証の記載内容が変更となる場合は、手続きが必要となります。

 医療機関の変更などについては、事前に手続きをしておかないと、医療費の助成を受けられないことがありますので、十分注意してください。

 

【氏名、住所の変更】

 (1)自立支援医療費支給認定申請書

 (2)受給者証

 (3)マイナンバーがわかるもの(ご提出の際に、本人確認書類が必要になります。)

【保険証の変更】

 (1)自立支援医療費支給認定申請書

 (2)同意書兼申出書

 (3)受給者証

 (4)変更後の保険者証の写し(国民健康保険の場合には、家族全員分が必要です。)

 (5)マイナンバーがわかるもの(ご提出の際に、本人確認書類が必要になります。)

 

【医療機関の変更】

 (1)自立支援医療費支給認定申請書

 (2)受給者証

 (3)マイナンバーがわかるもの(ご提出の際に、本人確認書類が必要になります。)

 

3再交付(紛失、汚染・き損)

 (1)自立支援医療受給者証・自己負担上限額管理票再交付申請書

 (2)受給者証(汚染・き損の場合のみ)

 (3)マイナンバーがわかるもの(ご提出の際に、本人確認書類が必要になります。)

受給者証の受け取り

 受給者証の発行までには、申請から2か月程度かかります。

 県から受給者証が発行されますと、指定医療機関に直接送付します。

 同時に本人様あてにお知らせしますので、指定医療機関にてお受け取りください。

 

有効期間

 受給者証の有効期間は1年間です。

 期間を延長するためには、毎年再認定の手続きが必要となります。

 再認定の手続きは、有効期間満了日の3か月前から行うことができます。

 指定医療機関とご相談のうえ、お手続きをお願いいたします。

 

問い合わせ先

 社会福祉課(障がい福祉係)

 〒791-0292東温市見奈良530番地1

 電話:089-964-4406

 FAX:089-964-4446

 


担当課・部署: 【社会福祉課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 福祉 > 障がい者福祉 > 自立支援医療(精神通院)
ページの先頭へ戻る