東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【企画財政課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 行政情報 > 地域振興 > 多世代交流拠点 > 【第3回】横河原にぎわいづくりWS
情報掲載日: 2016年 9月13日

【8/29開催】第3回横河原にぎわいづくりワークショップを実施しました

8月29日(月)、東温市多世代交流拠点施設「横河原ぷらっとHOME」にて、『横河原にぎわいづくりワークショップ(協働による地域づくり推進事業)』が開催されました。

 

このワークショップは計4回の開催で、「市民自らが楽しくなれるまちづくり」を目指して、「相互理解」と「主体性」をコンセプトに横河原ぷらっとHOMEを利用したイベント企画や施設の利用者協議会(仮称)の設立についてアイデアを出し合い、皆さんで企画案を作り上げるものです。

 

 

 

 

これまで、大学生の方や地域住民の方、事業者、銀行員の方など多種多様な方面から参加をいただき、活発なワークショップを開催してまいりました。

 

第1回目ワークショップテーマは「相互理解」

 地域活動における成功や困難、想いを語っていただき、共有・共感することで、それぞれの立場見解を越えました。

第1回ワークショップ資料はコチラ

 

第2回目ワークショップテーマ「テーマの共有」

 地域活動全般についてのあるべき姿と現状を比べることで、課題を明らかにし、

 それぞれの取り組みを振り返り、テーマを導き出しました。

第2回ワークショップ資料はコチラ

 

第3回目となる今回のテーマは「やるべきことの明確化」

 テーマごとのそれぞれの課題、取り組みについて、より認識を深め、「やるべきこと」を明らかにします。

第3回ワークショップ資料はコチラ

 

テーマを「子ども・高齢者」「地域コミュニティの仕組み」「交流・イベント」として、グループに分かれて話し合いを進めました。

 

出された意見は以下のとおりです。

 

テーマ「子ども・高齢者」

何とかしないといけない、外に出ないといけないという問題意識があるから、地域活動が存在しているが、親御さんや子どもたちがそのような活動に参加しておらず、世代間交流ができていない。

それはPRができていなかったり、単発イベントの域を超えていないことが原因。すなわち、子どもと地域が顔なじみになっていなかったり、親御さんが連れて行くのに地域との間に壁がある。

また、個人主義的発想で、高齢者とのコミュニケーションを自発的に取らないために、心理的な地域の「核家族化」とも言える、世代間交流の不足がある。

 

 

テーマ「地域コミュニティの仕組み」

若者や30代・40代の地域とのかかわりが少なく、限定的地域活動にとどまっている。

地域活動にデビューするきっかけを失っており、50代60代から参画することになり、年配しか地域活動を展開できていないのが実状。

若者・30代・40代が地域活動にかかわるきっかけづくりが必要である。

 

 

テーマ「交流・イベント」

若者が集まるイベントがない。イベント企画の人々が限られている。

観月祭などすでにメジャーになっているものや、イルミネーションや婚活イベントなど大掛かりなものを軸に若者を呼び込む。

若者は、写真を撮るといった趣味の「場」として、ただ単に歩くための「場」としてといった具合に、従来とは違う形で街を捉えている。街をそのような「場」として若者を呼び込む仕組みを考える。

 

 

次回のワークショップは、平成28年9月26日(月)19時から、横河原ぷらっとHOME(東温市横河原189番地4)で行います。

内容は、テーマ別に明らかにした「地域のやるべきこと」を実現するために、多様な協働先の強みを想い描き、持ち寄りながら、事業案を検討します。

 

 

□ワークショップについて 

 ~はじまりのはじまりをいっしょにつくる~

横河原ぷらっとHOMEを利用した地域の賑わいに繋がるイベントや新規事業の企画、施設運営などについて話し合います。

 

■多様な主体による協働のテーマ(キーワード)

・「強み」を引き出し、「足りない」ところを補うことによる信頼に基づく「他律・依存型」ではない、「自律・自立型」の地域づくりの展開。

・参画者全員がメリットを受けることができる

・志の高い参画者が集まる

・結果として、高い志を持った、信頼をベースとした有機的ネットワークが加速度的にに形成される

・地域の持続可能性、活性化、実需の創出

 

■講師紹介

 <総合アドバイザー>藤原明氏

りそな総合研究所リーナルビジネス部長

りそな銀行営業サポート統括部(大阪)地域戦略グループ地域オフィサー

 

1967年大阪市生まれ。これまで、FM802や大阪府をはじめとした企業・大学・地域・行政とともに、企業連携・産学連携・地域連携・官民連携といった多様な協働事業をプロデュース。企業や地域における活性化への取組みは、各所で反響を呼んでいます。

 

 

<地域アドバイザー>安永依里子氏

 NPO法人えひめリソースセンター

 

[問合せ先]東温市企画財政課地域振興係 TEL:089-964-4401

 

※内容の一部は、りそな総合研究所資料より抜粋しています。

関連リンク

愛媛ボランティアネット(協働による地域づくり推進事業) 

縁活な協働による地域づくり!「えひめ地域社会未来づくり協働会議」Facebookページ 

東温市公式Facebookページ 


担当課・部署: 【企画財政課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 行政情報 > 地域振興 > 多世代交流拠点 > 【第3回】横河原にぎわいづくりWS
ページの先頭へ戻る