東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【企画財政課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 行政情報 > 地域振興 > 多世代交流拠点 > 交流拠点オープン
情報掲載日: 2016年 3月23日

東温市多世代交流拠点施設「横河原ぷらっとHOME」がオープンします

東温市では、平成27年度に、伊予鉄道横河原駅前の店舗を活用して、『多世代が気軽に交流できる』『ちょっとした特技を活かせる』をコンセプトとした、交流拠点の整備を進めてまいりました。

 

これまで計3回開催したWS(ワークショップ)では、一般公募した参加者の方をはじめ、地区役員の方、地元商工連盟の方、地区PTAの役員の方など、多様な方々が参加され、多くの建設的な意見が出され、大変有意義な会となりました。

 

【WS結果】

第1回WSニュースレター 

第2回WSニュースレター 

第3回WSニュースレター 

 

WS等で話し合い、東温市でとりまとめ等を行った結果、施設の愛称やロゴマーク、利用時間、利用方法などが決まりましたので、お知らせします。

 

また、交流拠点施設を平成28年3月24日(木)に開館する運びとなり、オープニングイベントを下記日程で行います。

オープニングイベントは、一般来場者の方でも広くご来場いただけますので、是非、お越しください。

施設概要

【施設名称】

東温市多世代交流拠点施設

愛称:「横河原ぷらっとHOME」

 

【施設ロゴマーク】

 

【室内面積】

約20坪
 

【収容人数】

約30~40名程度

 

【開館日】

火、木~日曜日(休館日:月、水曜日、年末年始(12/29~1/3))
 

【開館時間】

10時から18時まで

 

【利用料】

開館時間内であれば、原則無料

※専用利用の場合は、1時間当たり1,000円

1. 利用時間が1時間に満たない場合または1時間未満の端数がある場合は、これを1時間とします。

2. 利用のための準備及び原状回復に要する時間は、利用時間に含みます。

3. 開館時間外に利用する場合は、利用時間に含みます。

 

【ぷらっとHOMEってどんなところ?】

■セルフカフェとして

お茶やコーヒーなどを入れて皆で飲むことができます。 

■ミニ図書館・ミニお料理教室として

お気に入りの本を持ち込んで、気楽に読書を楽しめるミニ図書館として利用したり、簡易キッチンを使ったミニお料理教室として利用できます。

■駅前の待合・休憩所として

電車やバスの待ち時間に気軽に立ち寄り、ひと時の休憩に利用できます。

 

【ぷらっとHOMEはどんなことができるの?】

■ワークショップ・ミーティングの場所として

仲間同士で気軽に集まって、ミーティング、打ち合わせなどができます。

■趣味の発表の場、展示会として

趣味の発表会、写真・絵画の作品展、研究発表の場として利用できます。

■活躍の場として

ちょっとした講座や教室、イベントなどに利用できます。

オープニングイベント

日時:平成28年3月24日(木) 10:00~

場所:東温市横河原189番地4 東温市多世代交流拠点施設「横河原ぷらっとHOME」

 

タイムスケジュール

10:00~ 園児によるぷらっとHOME塗り絵・手形アートづくり

11:00~ テープカット

12:00~ もちつき体験(横河原区、野間商店ほか協力)

13:00~ 昔あそび大会(メンコ・ハイテクゴマの組み立て、対決など)

14:00   終了

 

オープニングイベント(終日)

①横河原を振り返る写真展

②俳句展示

③模擬店

・ほっちょ焼き鳥・手作りこんにゃく(奥松瀬川地区有志)

・穂田琉米塩にぎり(河之内・穂田琉ファーム)

・滑川清流コーヒー(滑川地区有志)

④来場したお子さんへの駄菓子プレゼント(先着80名)

 

[イベント協賛]横河原区、横河原商工連盟

添付ファイル

横河原ぷらっとHOMEオープニングイベント(PDF) 

 

関連情報

東温市生涯活躍人材バンク「まちの先生」 

様々な知識や経験をお持ちの方や団体に「まちの先生」として登録していただき、活用を希望する方にご紹介する制度です。

現在、「まちの先生」に登録していただける方を募集しています。

 

東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略

『まち』が『ひと』を呼び、『ひと』が『しごと』を呼び込む好循環を確立することで人口減少に歯止めをかけ、「元気な東温市」を将来にわたって維持していくことを目指し、平成27年10月末に策定。


担当課・部署: 【企画財政課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 行政情報 > 地域振興 > 多世代交流拠点 > 交流拠点オープン
ページの先頭へ戻る