東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【環境保全課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > ごみ・生活環境 > 新エネ > 新エネ推進 > 太陽光発電システム・太陽熱高度利用システムの設置補助事業
情報掲載日: 2016年 8月 5日

太陽光発電システム・太陽熱高度利用システムの設置補助事業

太陽光発電システム及び太陽熱高度利用システムを市内の住宅に新たに設置する方に対し、予算の範囲内で補助金を交付しています。

 

 

工事終了後6ヶ月以内に交付申請を行ってください。

 交付申請は先着順の受付とし、予算額に達した時点で終了いたします。

 

○受付状況(残り件数)※平成28年8 月5日

受付状況表

 

予定件数

交付決定件数

残り件数(予定)

太陽光発電システム

約100件

15件

 85件

太陽熱高度利用システム

3件

0件

3件

1.対象システム

 

地球温暖化対策機器
   ○太陽光発電システム

 ○太陽熱高度利用システム

 

2.補助金を申請することができる方((1)及び(2)に該当される方)

 

(1)自ら居住する市内の一戸建て住宅(居住の用に供する部分の床面積が総床面積の2分の1以上である店舗等との併用住宅を含み、賃貸住宅を除く。)に未使用の地球温暖化対策機器を設置した方で、市税等に未納がない方。

 

(2)電気受給者との電力受給契約が成立していること。(太陽光発電システム設置の場合のみ)

 

※対象外の例

・平成28年度に地球温暖化対策機器設置に関する補助を東温市から受けた方

・別荘

・法人

・全量買取制度対象者

 

3.補助金額


 ○太陽光発電システム
1キロワット当り3万円とし、4キロワット(12万円)を上限とします。
※出力は少数第3位を四捨五入し、補助額は、1,000円未満の端数は切り捨てます。
  ○太陽熱高度利用システム
一律4万円
 

4.申請手続き等

 

 東温市地球温暖化対策機器設置費補助金交付申請の手引き(平成28年度版)を参考にして下さい。」

 

電力会社との系統連係完了(工事完了)後

 

(1)交付申請(設置工事完了後から6カ月以内に行ってください。)

 ・東温市地球温暖化対策機器設置費補助金交付申請書(様式第1号)

 様式第1号(PDF形式WORD形式

 ・システム概要書

 概要書様式(PDF形式WORD形式

 ※太陽電池モジュールの製造番号票(バーコードシール)を添付される場合はこちらの台紙に貼付してください。

 太陽電池モジュール製造番号票貼付用台紙(PDF形式WORD形式

 ・システム設置費に係る領収書及び内訳明細書の写し

 ・施工写真(いずれもカラー写真で鮮明なもの)

 ○システムの設置状態を示す写真(太陽電池モジュールの枚数が確認できない場合は、システム配置図を添付)

 ○パワーコンディショナーの銘板写真(型式及び製造番号が判別できること)

 ○非常用コンセントの写真(パワーコンディショナーに付属していない場合はパワーコンディショナー本体内部等の非常用コンセントへの配線接続部分の写真及び非常用コンセントの写真

 ・申請者の住民票(写し可)

 ・「納付状況調査に係る同意書」または市税等(個人住民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税)の未納がないことがわかる納税証明書(3カ月以内に交付されたもの)

 納付状況調査に係る同意書様式(PDF形式WORD形式

 ・システム設置場所付近の詳細な地図

 ・電力会社との電力受給契約書の写しまたは「太陽光発電設備との系統連携および余剰電力受給に関する契約確認について」(太陽光発電システムのみ)

 ・売買契約書写し(建売のみ)

 

補助金交付決定通知後

 

(2)補助金交付請求

 ・東温市地球温暖化対策機器設置補助金請求書(様式第4号)

 様式第4号(PDF形式WORD形式

 

その他

 

(3)設置システムの管理

 補助金を受けたシステムについては、補助を受けた翌年度から数えて17年間、適切な管理を行って下さい。また、対象システムを譲渡・廃棄等による処分をしようとするときは、あらかじめ東温市地球温暖化対策機器処分承認申請書(様式第10号)を提出してください。

 様式第5号(PDF形式WORD形式

 

 

補助金交付要綱

 

 東温市地球温暖化対策機器設置費補助金交付要綱(PDF)

 


担当課・部署: 【環境保全課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > ごみ・生活環境 > 新エネ > 新エネ推進 > 太陽光発電システム・太陽熱高度利用システムの設置補助事業
ページの先頭へ戻る