東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【健康推進課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 健康 > 難病・感染症対策 > 感染症対策 > 風しんに注意しましょう
情報掲載日: 2018年10月26日

風しんに注意しましょう

現在、特に、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県及び愛知県において、風しんの届出数の

増加が続いています。

届出された患者の多くは30代〜50代の男性が占めていました。30代〜50代の男性は、

風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることが分かっています。

今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。

風しんとは

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる、急性の発疹性感染症です。

飛沫感染で、ヒトからヒトへと感染が広がっていきます。

感染すると、約2〜3週間後に、発熱・発疹・リンパ節腫脹などの症状が現れます。

 

また、風しんにかかったことのない妊娠20週までの女性が感染すると胎児に感染し

赤ちゃんが難聴・白内障・先天性心疾患をもって生まれてくる可能性が高くなります。

風しんを予防するために

風しんを予防するには、予防接種が有効です。

 

・定期予防接種の対象である、生後12か月〜24か月のお子さまと、小学校入学前の1年間にあるお子さまは無料で接種することができますので、まだ受けていない方は接種してください。

・30〜50代の男性のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認できている方を除いて、任意で予防接種を受けることをご検討ください。

・妊婦への感染を防止するため、妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族や、10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認できている方を除いて、任意で予防接種を受けることをご検討ください。

 

風しん抗体検査事業について

愛媛県では風しん抗体検査事業(全額公費助成)を実施しています。
先天性風しん症候群の発生予防と風しんの感染予防のため、妊娠を希望する女性やその配偶者などに対して、予防接種が必要である者を抽出する抗体検査と抗体価が低い者への予防接種の勧奨を行います。

 

妊娠を希望する女性やその配偶者の方などは、この機会に風しん抗体検査を受け、風しんの免疫が不十分な場合は、予防接種を受けましょう。

風しん抗体検査事業の内容等については愛媛県のホームページからご確認ください。

 

申込・お問い合わせ先:愛媛県中予保健所089‐909-8757

添付資料


担当課・部署: 【健康推進課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 健康 > 難病・感染症対策 > 感染症対策 > 風しんに注意しましょう
ページの先頭へ戻る