東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【保育幼稚園課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 教育 > 幼稚園 > 私立幼稚園就園奨励費補助金について
情報掲載日: 2017年 6月16日

私立幼稚園就園奨励費補助金について

 東温市では、幼稚園教育の一層の普及充実を図るため、私立幼稚園が行う保育料等の減免等に対して補助金を交付しています。

 

対象となる世帯

(1)から(3)のすべてに該当し、かつ(4)から(6)のいずれかに該当することが必要です。

 

 (1)東温市に住民登録していること。

 

 (2)私立幼稚園に在園していること。

 

 (3)4月1日現在の満年齢が3~5歳であること。

 

 (4)当該年度の市町村民税の所得割課税額(※1)が211,200円以下であること。

 ※1:市町村民税の所得割額は、住宅ローン控除、配当控除、寄付金税額控除等の、適用前で判定します。

 世帯構成員中2人以上に所得がある場合は、所得割課税額を合算します。

 

 (5)私立幼稚園に在園している子が、同一世帯の小学校3年生までの子を最年長児からカウントし第2子以降であること。

 

 (6)私立幼稚園に在籍している子が、同一世帯の最年長児からカウントし第3子以降であること。

 (東温市多子世帯保育料軽減事業)

補助(減免)金額

 

 

私立幼稚園就園奨励費補助金一覧表

区分

適用の範囲

補助限度額(年額)

第1子

第2子

第3子以降

生活保護の規定による保護を受けている世帯 185,000円 185,000円

185,000円

 

当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯

ひとり親世帯等

185,000円 185,000円 185,000円
ひとり親世帯等以外 149,000円 185,000円 185,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯 ひとり親世帯等 185,000円 185,000円 185,000円
ひとり親世帯等以外 149,000円 185,000円 185,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が77,100円以下の世帯 ひとり親世帯等 149,000円 185,000円 185,000円
ひとり親世帯等以外 65,000円 125,000円 185,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が211,200円以下の世帯 30,000円 107,000円 185,000円

上記区分以外の世帯

92,500円 185,000円

 

 

 ※市町村民税の所得割額は、住宅ローン控除、配当控除、寄付金税額控除等の適用前で判定します。

 

 ※世帯構成員中2人以上に所得がある場合は所得割課税額を合算します。

 

 ※途中入園等により保育料が在園期間に応じて納付されている場合の補助限度額は、上記の単価×保育料の納付月数÷12(百円未満を切り捨て)で算定します。

 

 ※第2子、第3子とは、小学校3年生までの兄・姉を年長者からカウントします。

 ただし、第2、第3区分については、年齢にかかわらず生計を一にする兄・姉を年長者からカウントします。

 

 ※ひとり親世帯等とは、母子・父子家庭の世帯、障がい児(者)のいる世帯、準要保護世帯です。

 

 ※私立幼稚園に在籍している子が、年齢にかかわらず生計を一にする兄・姉を年長者からカウントし第3子以降であるとき、補助限度額は、当該額に60,000円を足した額となります。(ただし、年額185,000円を限度とします。)

【東温市多子世帯保育料軽減事業】

 

※年間の保育料の支払い額が限度額を下回る場合は、実際の支払い額を限度とします。

申請手続き

 申請書類については、毎年、6月初旬に幼稚園からお知らせがあります。期日までに幼稚園に以下の書類を提出してください。

 

全員

 (1)保育料等減免措置に関する調書

 

区分1の方

 (2)福祉事務所長の証明書

 

区分2から5の方

 (3)当該年度の市県民税課税台帳記載事項証明書又は市県民税の納税通知書等の写し

 

お子さまが2人以上幼稚園等に就園している方

 (4)兄又は姉の就園を確認できる書類・・・在園証明書、保育料納付証明書等

 

 ※申請や補助金の交付はすべて幼稚園を通して行いますので、手続き等詳細については、お子さんが通われている幼稚園に直接お問い合わせください。

 

 

 


担当課・部署: 【保育幼稚園課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > 教育 > 幼稚園 > 私立幼稚園就園奨励費補助金について
ページの先頭へ戻る