東温市公式ウェブサイト(トップに戻る)

ここから本文


担当課・部署: 【総務課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > くらしの相談 > 一般相談 > 消費生活相談窓口 > 新手の劇場型投資詐欺にご注意ください
情報掲載日: 2011年 9月21日

新手の劇場型投資詐欺にご注意ください

 県内で最近、複数の業者が次々と登場して勧誘する「劇場型」の投資詐欺に関する相談が増加し、東温市でも数件被害が発生していますので、不審な勧誘には十分ご注意ください。

 高齢者の方や過去に未公開株等の購入歴がある方は、特にご注意ください!!

【勧誘手口】

 未公開株や社債、ファンド、いろいろな権利(水資源権利、金鉱山の権利など)、外国通貨などの投資話をめぐり、複数の業者が入れ替わり消費者に資料を送付したり、電話をかけて「必ずもうかる」と言って投資欲をあおります。
 「購入額より高く買い取る」、「事業者の代わりに購入してほしい」などと勧誘するケースがありますが、購入後に約束が守られることはなく、連絡が取れなくなる場合もあります。
 同一業者が「一人二役」を演じたり、業者間同士で連携しているものとみられ、業者間で役割分担を決めて消費者を騙そうとします。

【アドバイス】

  • もうけ話を、うのみに信じないこと。
  • 電話での勧誘などには、すぐに応じないこと。
  • 取引の内容が理解できなければ、きっぱりと断り、契約しないこと。
  • 未公開株や社債の販売ができるのは、登録を受けた証券会社と未公開株や社債の発行会社だけです。その他の者が行う勧誘は法律違反の可能性がありますので、ご注意ください。
  • あたかも権利を有しているかのような勧誘をしますが、信用しないようにしましょう。
  • 過去に投資トラブルにあった方は、「二次被害」に注意しましょう。
  • 一人で悩まずに、早めに相談しましょう。

※詳しくはこちらをご参照ください。

 消費者庁ホームページ「未公開株など新たな手口による詐欺的商法にご注意」

 金融庁ホームページ「「未公開株」等の被害にあわないためのガイドブック」

 

問い合わせ先
   東温市消費生活相談窓口(総務課)   964−4400
   松山南警察署                958−0110


担当課・部署: 【総務課】
トップ > くらしの便利帳 > くらしの便利帳(テーマ別) > くらしの相談 > 一般相談 > 消費生活相談窓口 > 新手の劇場型投資詐欺にご注意ください
ページの先頭へ戻る