ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 未成年の方のワクチン接種について

本文

未成年の方のワクチン接種について

更新日:2021年9月10日更新

【未成年者の方】新型コロナワクチン接種について

未成年者のワクチン接種についてサムネイル画像です

12歳~15歳の方が接種を希望する場合は、保護者の同意が必要です。

接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。

【参考】12~15 歳のお子様の保護者の方へ(ファイザー社) [PDFファイル/448KB]

予約開始時期

未成年者のワクチン接種予約開始時期
年齢 予約開始時期
16歳以上

令和3年8月23日(月曜日)9:00~

12歳~15歳

令和3年9月15日(水曜日)9:00~

保護者の同伴・署名について

未成年者のワクチン接種における保護者の同伴・同意
年齢 保護者の同意 保護者の同伴
12歳(小学生) 必要(予診票に保護者の自署が必要) 必要
12~15歳(中学生) 必要(予診票に保護者の自署が必要) 必要
15歳(高校生) 必要(予診票に保護者の自署が必要)

原則必要

※保護者の署名と予診票の電話番号記載欄に緊急連絡先(予診や接種の際に必ず保護者と連絡のつく電話番号)の記載があれば接種可能

16歳以上 必要なし(予診票に本人の署名で接種可能)

必要なし(できるだけ同伴をお願いします)

12~15歳の方の接種は、予診票の署名欄に、保護者の自署が必要です。予診票に保護者の署名がなければ予防接種を受けることはできません。

【12歳~15歳の方】予診票記載例 [PDFファイル/698KB]

12歳の方の接種券

接種券は12歳を迎えた月(誕生月)の翌月に発送しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


新型コロナワクチン接種関係はこちらです

新型コロナウイルス関連情報
感染症予防対策