ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 「東温市新型コロナウイルス感染症対策中小零細企業応援給付金(第2弾)(県・市連携えひめ版応援金(第2弾))」を給付します

本文

「東温市新型コロナウイルス感染症対策中小零細企業応援給付金(第2弾)(県・市連携えひめ版応援金(第2弾))」を給付します

更新日:2021年10月11日更新

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、市内中小零細企業者等の経営への影響が長期化していることから、さらなる感染防止対策の徹底と事業の継続に向けた取り組みを支援する「県・市連携えひめ版応援金(第2弾)」に市独自の上乗せを行い、予算の範囲内で応援給付金(第2弾)を支給します。

※申請受付は、令和3年10月25日(月曜日)から開始を予定しています。

※申請要領及び申請様式は、準備ができ次第HP等でお知らせします。

東温市新型コロナウイルス感染症対策中小零細企業応援給付金【第2弾】(県・市連携えひめ版応援金【第2弾】)の概要

 

応援給付金(第2弾)の給付額

 
個人事業主 12万5千円(うち、市独自上乗せ分2万5千円)
法人 25万円(うち、市独自上乗せ分5万円)

  ※1事業者につき1回限り

対象となる中小零細企業者等

以下の条件をすべて満たす方が対象となります。

1 令和3年9月1日時点で、市内に本社・本店を有する法人及び同日に市内に住所を有する個人事業主

※中小企業基本法に定める中小企業者に加えて、医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人についても対象となります。

2 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う飲食店の営業時間短縮や不要不急の外出・移動の自粛等の影響により、令和3年6月~9月のいずれかの月間売上が令和元年又は令和2年の同月期比で30%以上減少している、又は令和3年6月~9月のうち任意の連続2か月の月間売上が令和元年又は令和2年の同月期比で、各月とも15%以上減少している

3 市税等を完納している

4 比較対象月を含む年間売上が法人240万円以上、個人事業主120万円以上である

5 令和3年8月31日以前に創業している

6 応援給付金を感染対策や事業活動等の充実に活用し、将来に向かって効果が持続する形で事業活動に取り組む

7 応援給付金の給付を受けた後も事業を継続する意思がある

【次の方は対象となりません】

・ 令和3年6月~9月の国の月次支援金を受給した又は、令和3年8月~9月に松山市の営業時間短縮等に係る協力金の支給対象となった中小零細企業者

・ 暴力団又は暴力団と関係のある方

・ 風俗営業及び性風俗関連特殊営業を営む方

・ 国又は公共法人

・ 政治団体

・ 宗教上の組織又は団体

・ 大企業及びみなし大企業

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


新型コロナワクチン接種関係はこちらです

新型コロナウイルス関連情報
感染症予防対策