ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えましょう

本文

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えましょう

更新日:2022年11月24日更新

今冬は、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行が懸念されています。
新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが同時流行​すると医療がひっ迫する可能性がありますので、感染拡大に備え、次の対策をお願いします。

健康状態のセルフケアや基本的な感染対策を継続してください

日ごろから、体温や健康状態の確認を心がけましょう。
また、引き続き、換気、適切なマスクの着脱、手洗い等の手指衛生など基本的な感染対策をお願いします。

 

ワクチン接種をご検討ください

感染が拡大する前に、ワクチンの接種をご検討ください。

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種の関連情報については、こちらのリンク先をご覧ください。
高齢者等のインフルエンザワクチン定期接種対象者の方については、こちらのページをご覧ください。

 

発熱等の症状がある場合の相談先、受診先を確認しておきましょう

感染拡大時は発熱外来等にかかりづらくなります。
体調不良時の対応について、「県内の診療・検査医療機関について(愛媛県HP)」<外部リンク>でご確認のうえ、症状に応じた外来受診・療養をお願いします。

発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医等の身近な医療機関に電話相談していただき、相談先の案内に従って受診してください。
かかりつけ医を持たない場合や相談先に迷う場合等は、「受診相談センター(089-909-3483)」に相談してください。

※「受診相談センター」…愛媛県と松山市が合同で開設。土日祝含む24時間対応。時間帯によっては繋がりにくいことがあります。

 

食料品や日用品、市販薬を備蓄しておきましょう

療養生活に備え、日持ちする食料品や、生活に必要な日用品などを備蓄しておきましょう。
新型コロナ抗原定性検査キットや解熱鎮痛剤などもあらかじめ準備しておくと安心です。

この冬は、ワクチン接種・新型コロナ抗原 定性検査キット・解熱鎮痛薬の準備を(厚生労働省パンフレット)<外部リンク>

 

関連リンク

新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応(厚生労働省HP)<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


新型コロナワクチン接種関係はこちらです

新型コロナウイルス関連情報
感染症予防対策