ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民福祉部 > 市民課 > 住民基本台帳事務におけるDV支援措置

本文

住民基本台帳事務におけるDV支援措置

更新日:2020年4月1日更新

DV及びストーカー行為等の被害者の保護のための措置について

DV及びストーカー被害者の住民票等の支援措置の制度とは

 ドメスティツク・バイオレンス(DV)及びストーカー行為等の加害者が、

  • 住民基本台帳法に基づく住民基本台帳の一部の写しの閲覧
  • 住民票の写し等の交付の制度
  • 戸籍の附票の写しの交付の制度

を不当に利用して被害者の住所を探索することを防止し、被害者の保護を図る観点から、被害者からの申出により必要な支援措置を行うものです。

支援措置内容

 加害者が判明している場合、加害者からの請求については、「不当な目的」があるものとし、交付しない又は閲覧させないこととします。
 ただし、請求者の有する権利の正当な行使のためと認められる請求まで制限をするものではありません。

申出人の条件(東温市へ申出の場合)

  • 東温市の住民基本台帳に記録されている方
  • DV被害者であり、生命又は身体に危害を受けるおそれのある方、またはストーカー行為被害者であり、反復してつきまとい等受けるおそれのある方
  • 警察へ被害届(相談を含む)を提出している方、または被害届(相談を含む)を提出する予定の方

必要書類

  • DV支援措置申出書[PDFファイル/13KB]
  • 本人が手続きされる場合は、申出者の身分証明書(官公署発行の顔写真付)
  • 法定代理人が手続をされる場合は、法定代理人の身分証明書(官公署発行の顔写真付)および法定代理人であることを証明できるもの(戸籍謄本など)

支援措置を受けるための手続の流れ

DV等支援措置を受けるための手続きの流れです

支援が実施されると

  • 加害者やその代理人からの住民票などの請求を制限します。
  • 第三者からの請求は、厳密な審査を行います。
  • 被害者本人が住民票などの請求をされる場合は、本人確認書類(運転免許証・保険証など)を持参していただきます。

ご注意

  • 支援措置の実施期間は1年間です。
  • 申出書の内容に変更が生じた場合(住所変更など)は、その時点で支援措置は終了します。

添付ファイル

DV支援措置申出書[PDFファイル/13KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)