ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消防 > 総務予防課 > 住宅用火災警報器を設置していますか?

本文

住宅用火災警報器を設置していますか?

更新日:2019年12月1日更新

 東温市では、平成23年6月1日から、全ての住宅に住宅用火災警報器を設置することが義務付けられています。
 この住宅用火災警報器を設置していたおかげで、早期に火災を発見することができた結果、大惨事にならなかったという市内での奏功事例を紹介します。

奏功事例1(平成21年)

タバコの火種が敷布団に着火し、寝室に取付けてあった住宅用火災警報器が作動した。警報音に気付いた住人がバケツで初期消火を行い被害を最小限に留めた。

奏功事例2(平成22年)

ガスコンロに鍋をかけたまま外出したため、鍋が焦げ付き住宅用火災警報器が作動した。警報音に気付いた隣人が消防署へ通報、消防隊が到着しガスコンロの火を消したため火災に至らなかった。

奏功事例3(平成24年)

IHコンロに鍋をかけたまま外出したため、鍋が焦げ付き住宅用火災警報器が作動した。警報音に気付いた隣人がスイッチを切ったため火災に至らなかった。

奏功事例4(平成24年)

鍋の空焚きにより住宅用火災警報器が作動した。警報音に気付きガスを消したため火災に至らなかった。

※全国の住宅用火災警報器の奏功事例等の情報が、総務省消防庁のホームページに掲載されています。下のリンクからご覧いただけます。
住宅防火情報(総務省消防庁)<外部リンク> http://www.fdma.go.jp/html/life/joho_index.html<外部リンク>

○住宅用火災警報器は、火災の発生をいち早く感知して家族に知らせ、住宅火災による死者を減らすものです。
まだ設置していないお宅は、「火災から大切な命を守るため」住宅用火災警報器を設置しましょう。

詳しくは、消防本部総務予防課予防係にお問い合わせください。
 Tel089-964-5213

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)