ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 企画政策課 > 人口ビジョン及び東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

本文

人口ビジョン及び東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

更新日:2019年12月1日更新

地域振興施策

東温市人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生総合戦略

東温市では、平成26年11月に施行された「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、魅力ある「まち」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む好循環を確立することで人口減少に歯止めをかけ、「元気な東温市」を将来にわたって維持していくための施策を取りまとめた「東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を、平成27年10月に策定しました。
令和元年度に第1期総合戦略の計画期間の最終年度を迎えたことから、各施策について検証及び見直し等を行い、令和2年3月に「第2期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

東温市人口ビジョンは、長期的かつ継続的に人口を維持し、特性を活かした地域活性化に取り組んでいけるよう、将来に向けた計画的なまちづくりを展望するための方向性を示すため、第1期総合戦略策定と同時期に策定をしました。

 

東温市人口ビジョン

東温市人口ビジョン

(1)人口ビジョンの位置づけ

人口ビジョンは、本市における人口の現状を分析するとともに、人口に関する市民の認識を共有し、今後目指すべき将来の方向と人口の将来展望を示すものであり、まち・ひと・しごと創生の実現に向けて効果的な施策を企画立案する上で、重要な基礎として位置づけています。

(2)対象期間

人口ビジョンの対象期間は、長期的な視野に立った展望を行うため、国の長期ビジョンの対象期間である2060年(平成72年)までとします。

(3)人口の将来展望
  • 自然増減の仮定:合計特殊出生率が2030年に1.80、2040年に2.07まで段階的に向上
  • 社会増減の仮定:20から30代の若年層を中心に、幅広い年代層で転入増

 →目指すべき人口を、『2060年(平成72年)に、30,000人』と設定

2060年の将来人口展望30,000人

人口の将来展望を達成するために、

1市の特性、強みを活かす

企業にとっての恵まれた立地(災害が少ない)、交通条件(高速道路IC)などの市の特性や強みを活かし、「ひと」と「しごと」を誘致します。
人口の社会増につなげる。

2若い世代の希望をかなえる

若い世代の就労、結婚、子育てに関する支援を切れ目なく行い、安心して子どもを産み育てることができる環境を実現します。
人口の自然増につなげる。

3新しい挑戦を応援する

市民や民間事業者が主体となった、将来性のある取り組みに対する支援を行い、新たな産業、雇用を創造します。
人口の社会増、自然増につなげる。

 

第2期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略

第2期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略

第2期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略(概要版)

 

第1期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

総合戦略策定の趣旨

東温市では、 平成 27 年 10 月に「東温市人口ビジョン」及び「東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、 2060 年に 30,000 人の人口規模を維持する将来展望に向け、4つの基本目標を設定して取組を進めてきました。
また、策定に当たっては、国の総合戦略に盛り込まれた「政策5原則」(自立性、将来性、地域性、直接性(総合性)、結果重視)の趣旨を踏まえ、さらに本市独自の観点として「独自性」と「新規性」を強く意識し、ゼロベースで施策立案を行ってきました。
第1期総合戦略が令和 2 年3月に計画期間を終了することから、引き続き、「第2期東温市まち・ひ と・しごと創生総合戦略」を策定します 。

今期の総合戦略の策定に当たっては、SDGs(Sustainable Development Goals)の理念を参考にしながら、SDGsに掲げる国際的な目標、ターゲットを本市の地域課題として捉え直し、これらの地域課題を解決するための施策を盛り込むことで、持続可能な地域社会の構築を目指します。

計画期間

令和年度から平成7年度までの6年間

基本目標と施策一覧
基本目標1[誰もが安心して働ける、多様で魅力的なしごとの場をつくる

本市の恵まれた立地・交通条件を活かし、企業が進出しやすい環境を整えます。
また、多様で付加価値の高い、働き手にとって夢の持てる産業を育成することにより、社会経済情勢の変化に対応する、足腰の強い産業構造の構築と就業機会の拡大を目指します。

・施策一覧

基本目標1施策一覧

基本目標2[住みよさを全国に広くアピールし、新しい人の流れをつくる]

地域資源を磨き上げ、PRすることによって、市のイメージアップを図るとともに、移住・交流を促進する施策に官民一体となって取り組むことで、交流人口や定住人口の増加を目指します。

・施策一覧

基本目標2施策一覧

基本目標3[出会い、子どもを産み、育てていく希望がかなうまちをつくる]

既に実施している子育て支援策を安定的に継続するとともに、子育て世代への包括的な支援や、地域で子どもを育てる環境づくりによって、安心して子どもを産み育てることができる地域社会の実現を目指します。

・施策一覧

基本目標3施策一覧

基本目標4[安心して生涯暮らせる、夢の持てる地域社会をつくる]

市民・事業者の力を市政に活かすとともに、他市町と連携して広域的な視点で社会、経済構造の転換を図ることにより、誰もが夢といきがいを持って、活き活きと生涯暮らせる生産性の高いまちの実現を目指します。

・施策一覧

基本目標4施策一覧

 

上記4つの基本目標を達成するため、官民一体となって戦略に掲げた内容を具体化し実行するとともに、PDCAサイクルによる事業の進捗管理を行い、より効果的に施策を展開していきます。

 

企画政策課地域振興係は、主に総合戦略に掲げる地域活性化に繋がる施策を、多様な視点から展開しています。

 

まち・ひと・しごと創生総合戦略会議

人口減少対策や地方創生を効果的かつ効率的に推進していくためには、多様な主体の参加・協力が重要であることから、産業界、教育機関、金融機関、労働団体、メディア等で構成する推進組織として「東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略会議」を設置 し、総合戦略の方向性や具体案について、広く関係者の意見が反映されるようにしています。

また、本戦略の各施策の推進状況、取り組むべき内容については、戦略会議で客観的な検証を行い、必要な見直しを行うこととしています。

PDCA

効果検証結果について

「東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略会議」において、「地方創生推進交付金事業」及び「地方創生拠点整備交付金事業」の効果検証を実施しています。

H28交付金効果検証結果

H29交付金効果検証結果

H30交付金効果検証結果

参考

地域再生計画について

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)