ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・福祉 > 医療 > ヒトパピローマウイルス感染症予防接種について

本文

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種について

更新日:2020年11月2日更新

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種は、予防接種法に基づき、小学6年生から高校1年生相当の女子を対象に実施しています。

公費で接種できるワクチンの一つとして、ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種があることについて知っていただくとともに、接種を検討・判断するためのワクチンの有効性・安全性に関する情報(厚生労働省のリーフレット)を掲載しておりますので、ご確認いただき、接種についてご検討ください。

 

厚生労働省リーフット【概要版】「小学校6年~高校1年相当の女の子とその保護者の方へ対切なお知らせ」 [PDFファイル/3.15MB]

厚生労働省リーフット【詳細版】「小学校6年~高校1年相当の女の子とその保護者の方へ対切なお知らせ」 [PDFファイル/4.28MB]

 

対象者の方とその保護者の方へ

対象者:小学校6年生~高校1年生相当の女子

標準的な接種年齢:中学1年生相当年齢

 

接種方法については、こちらをご確認ください。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種について [PDFファイル/438KB]

 

接種を希望される方には、予診票・接種券を、東温市総合保健福祉センター1階健康推進課又は川内健康センターでお渡しします。母子健康手帳をご持参の上、お越しください。

 

高校1年生相当の女子の方へ

高校1年生相当の女子の方は、予防接種の接種間隔や接種期限(R3.3.31)を考慮して接種の開始をできるだけ早くしていただくため、医療機関に予診票や接種券を配布しておりますので、直接医療機関に予約していただくことも可能です。

 

 

問い合わせ先

東温市総合保健福祉センター  健康推進課

 電話:089−964−4407

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)