ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ごみ > 家庭用てんぷら油の回収にご協力ください

本文

家庭用てんぷら油の回収にご協力ください

更新日:2021年6月29日更新

 市では、家庭から出た使用済みてんぷら油、期限が切れて使えなくなったてんぷら油を回収しています。
 回収した油はその後、バイオディーゼル燃料(BDF)として、給食センターのボイラや配送車などで利用しています。BDFは、化石燃料と比べて排ガス中の黒煙や硫黄酸化物、二酸化炭素の量が少なく、環境にやさしい燃料です。
 「ごみ」ではなく「資源」として、再利用できるものはたくさんあります。家庭用てんぷら油の回収にご協力をお願いします。

収集から利用まで

どうやって回収しているの?

 下記の場所で回収しています。使用済みの天ぷら油(廃食用油)は、こして、揚げ物のかすなどを取り除き、ペットボトルやサラダ油の容器などに入れてご持参ください。期限切れ等で未開封の食用油は、そのままお持ちください。
 ペットボトルなどの容器に廃食用油を入れる際は、温度が下がってから入れてください。じょうごをお使いになると便利です。

 なお、市では、職員が直接、または、業者に委託するなどして、各家庭等をお伺いしての回収は行っていませんので、ご了承ください。

  • 回収場所
    市役所(2階環境保全課)、川内支所
  • 受付時間
    午前8時30分から午後5時15分まで
    ただし、年末年始(12月29日から1月3日まで)は除きます。
    なお、土曜日、日曜日及び祝日の回収場所は、市役所のみとなります。(休日窓口でてんぷら油を持参した旨お伝えください)

回収について

  • 回収対象
    家庭から出たてんぷら油(廃食用油)
    (お願い:天かすなどの不純物は、こし取って燃やすごみに出してください。)
  • 回収品目
    菜種油(キャノーラ)・大豆油・コーン油・サフラワー油(紅花)・ヒマワリ油・綿実油・ゴマ油・ヤシ油
    (賞味期限が切れた未使用油でも結構です。)

回収できない油

  • 動物油の牛脂・豚脂(ラード)や、バター・マーガリンなどのように固体状のもの
  • 業務用で使用された油
  • パーム油・オリーブ油(精製過程でBDFに不具合が生じるため、対象外です。)
  • 薬品などで固めたもの。
  • 鉱物性油(エンジンオイル等)

ごみカレンダー