ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民福祉部 > 市民課 > 入院時の食事代について

本文

入院時の食事代について

更新日:2019年12月1日更新

入院したときは、診療や薬にかかる費用とは別に食費の一部を負担していただきます。残りは国保が負担します。

※入院時に負担した食事代は高額療養費の対象外です。

入院時の食事代(平成30年4月改正)
所得区分

食費

(1食あたり)

住民税課税世帯

(下記以外の方)

460円

住民税非課税世帯

区分オ・低所得2

210円※

住民税非課税世帯

低所得1

100円※

 ※住民税非課税世帯の方が、食事代の減額を受けるには、病院の窓口で「標準負担額減額認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要です。申請は、市民課または川内支所でできます。

 なお、重度心身障害者医療費受給者、子ども医療受給者、ひとり親家庭医療受給者であって医療費の自己負担がない場合も、住民税非課税世帯の方は、申請により食事代の減額を受けることができます。

区分オ、低所得2の方の食事代について

区分オ・低所得Iiに該当し、過去12か月の入院日数が90日を超える場合、申請により食事代が160円に減額されます。

申請に必要なもの

  • 本人確認書類
  • 被保険者証
  • 認印
  • マイナンバー確認書類
  • 過去12か月の入院日数が90日を超えることが確認できる書類
    (領収書または入院期間証明書)