ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 産業建設部 > 農林振興課 > 令和4年秋の農作業安全確認運動

本文

令和4年秋の農作業安全確認運動

更新日:2022年9月21日更新

しめよう!シートベルト

毎年、乗用型トラクターの死傷事故が多発しています。シートベルトを着用しましょう。

農林水産省ホームページ(農作業安全対策)<外部リンク>

 

農作業による死亡事故が増えています

 交通事故や労働災害による死亡事故が減少する中、農作業による事故は増加しています。

高齢者による事故、機械操作に伴う事故が多くなっています

 高齢化の進展に伴い、高齢農業者による事故の割合が増えています。

事故防止には、一人一人が高い安全意識を持って作業を行うことが重要です

安全対策が講じられた農業機械を導入しましょう

 安全装置の装備等により、農業機械の安全性は向上しています。

農業機械の管理・利用は、適切に行いましょう

 機械自体の安全性能が優れていても、日頃の管理が不十分では、思わぬ故障が発生して事故を招いたり、万が一の場合に安全装置が機能しないこともあります。
 日常的な点検に加え、整備工場での定期的な整備を行いましょう。

 安全装置があっても、それを適切に使用しなければ効果はありません。取扱説明書や関係法令に従った安全な利用を心掛けましょう。

安全な農作業に必要な知識、技術を習得しましょう

 農作業には様々な危険が伴うことを認識した上で、安全な作業に必要な基本的な知識や技術を習得し、高い安全意識のもとで、それを実践することが重要です。

高齢者の方は、自らの心身機能の衰えを十分に意識して、農作業に取組みましょう

 年齢が高くなると、視力、平衡機能、とっさの判断力等の心身機能は低下します。このため、事故を起こしやすくなり、ケガの程度も大きくなる傾向にあります。
 これを防止するためには、高齢者の方が、自らの体力等が若い頃とは違うということを十分に自覚した上で、余裕をもった作業を心掛けることが重要です。

万が一の事故に備えて、労災保険に加入しましょう

 労災保険は、雇用労働者の業務災害時の補償を目的とする公的保険ですが、自営農業者であっても、一定の要件を満たしていれば加入できる特別加入制度があります。
 万が一の場合でも、経営を維持し、家族の生活を守るため、労災保険の特別加入制度を活用しましょう。