ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 家屋を取り壊したときについて

本文

家屋を取り壊したときについて

更新日:2020年4月1日更新

固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます)現在の状況で課税されます。そのため、家屋を取り壊した場合、取り壊した翌年から課税されなくなります。

 市では、随時、確認調査を行っておりますが、家屋が密集している地域などでは申し出等がなければ、取り壊された家屋の把握が困難な場合があります。
 家屋の全部もしくは、一部を取り壊された場合は、賦課期日までに速やかに税務課資産税係へ届け出てください。

 なお、法務局へ滅失登記を済ませた方は届け出の必要はありません。

添付ファイル

家屋滅失届[PDFファイル/5.5KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)