ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 相続人代表者指定届

本文

相続人代表者指定届

更新日:2020年4月1日更新

市税等の納税義務者又は土地・家屋の所有者(納税義務者)が死亡された場合は、相続人の方がその納税義務を引き継ぐこととなります。
土地や家屋(未登記家屋を除く)の名義を変更する場合は、所轄の法務局にて相続登記の手続きを行うことになりますが、何らかの理由により手続きが完了していない場合は、完了するまでの間、相続人の中からの代表者を決めていただき、「相続人代表者指定届」を提出してください。その届出に基づき、代表者の方に納税通知書等を送付します。

なお、亡くなられた納税義務者が口座振替を利用されていた場合は、口座振替ができなくなる場合があります。その場合、引き続き口座振替を希望される方は、新たに手続きをしていただくこととなります。

※この届出は、あくまでも市税等の納税に関するものであって、相続登記や相続税とは関係ありません。

添付ファイル

相続人代表者指定届 [Wordファイル/50KB]