ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民福祉部 > 社会福祉課 > ひとり親家庭医療費助成制度

本文

ひとり親家庭医療費助成制度

更新日:2019年12月1日更新

 20歳に満たない児童を扶養している、以下に該当する方に対して、保険診療にかかる医療費の自己負担分を助成します。

対象となる方

  1. ひとり親家庭の母又は父と児童(離婚していても、事実婚状態や異性の方と同居している場合などは該当しません。)
  2. 準ひとり親家庭の祖母若しくは祖父と孫、または姉若しくは兄と弟妹
  3. 父母のいない児童
  4. 家庭主に所得税が課税されていない家庭

 ※課税の場合も、扶養親族の人数等により該当となる場合がありますので、お問い合わせください。

 児童・・・20歳未満で就職、婚姻していない人
 ※大学等に在学している場合は、20歳を過ぎても受給資格の延長ができる場合があります。

 申請方法等、詳細については、「ひとり親家庭医療費助成制度について」をご覧ください。

 ひとり親家庭医療費助成制度について[PDFファイル/107KB]

申請書

ひとり親家庭医療費助成制度各種申請書
申請時期 申請書
受給者証を無くした時 ひとり親家庭医療費受給者証再交付申請書 [PDFファイル/75KB]
県外受診した時など ひとり親家庭医療費助成金請求書 [PDFファイル/94KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)