ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > オープンデータサイト > 松山圏域オープンデータの取り組みについて

本文

松山圏域オープンデータの取り組みについて

更新日:2019年12月1日更新

松山圏域(松山市・伊予市・東温市・久万高原町・松前町・砥部町)でのオープンデータの取り組みについてご紹介します。

【松山圏域でのオープンデータの公開】

松山圏域の6市町では「まつやま圏域未来共創ビジョン」に基づいて、各市町が保有する公共データをオープンデータとして公開しています。松山圏域でオープンデータを公開することは、行政の透明性・信頼性・効率性の向上、住民・企業との協働を生み、住民の利便性向上や新たなビジネスの創出につながるなど、広域圏の地域活性化やさまざまな地域課題の解決が期待されます。

【松山圏域における推奨データセットの公開】

松山圏域では、一部のデータセットを国が示す推奨データセットに基づき、共通のフォーマットを使用して公開しています。

※推奨データセットとは、地方公共団体によるオープンデータの公開とその利活用を促進するため、オープンデータに取り組み始める地方公共団体の参考となるよう、公開することが推奨されるデータセット及びフォーマット標準例を取りまとめたものです。

データセット

データ名

松山圏域の各市町のオープンデータは、下記リンクからご覧ください。

【松山圏域オープンデータ推進ガイドライン】

松山圏域のオープンデータは、平成30年2月26日に制定の下記ガイドラインに基づいて公開しています。

松山圏域オープンデータ推進ガイドライン[PDFファイル/172KB]

【東温市オープンデータサイト】

東温市では推奨データセットのほかにも、下記リンク先にある「東温市オープンデータサイト」でさまざまなオープンデータを公開していますので、ぜひご活用ください。

 東温市オープンデータサイト

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)