ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 産業建設部 > 地域活力創出課 > 横河原ぷらっとHOME

本文

横河原ぷらっとHOME

更新日:2019年12月1日更新

東温市多世代交流拠点「横河原ぷらっとHOME」

全国的に「コミュニティの希薄化」「高齢者・子どもの居場所づくり」が課題となるなか、東温市でも、人口減少と少子高齢化の影響による地域の担い手不足や文化歴史、伝統の衰退が懸念されています。
東温市では、こういった地域課題に対して、住民が生きがいをもって暮らし続けられる「住みたくなる地域づくり」を目指しています。

平成28年3月24日、伊予鉄道横河原駅前の店舗を活用して『多世代が気軽に交流できる』『ちょっとした特技を活かせる』交流拠点として、東温市多世代交流拠点施設「横河原ぷらっとHOME」がオープンしました。

コンセプト

  • 高齢者の生きがいづくり
  • 遊び場、学び場としての子どもの居場所
  • 若者、子育て世代への学習機会の提供
  • 簡単な物販ができる地域情報発信拠点
  • 起業を支援するチャレンジショップ

横河原ぷらっとHOMEの概要

横河原ぷらっとHOMEロゴ

開館日

火、木〜日曜日(休館日:月、水曜日、お盆(8月13日〜15日)、年末年始(12月29日〜1月3日))

その他臨時休館あり

開館時間

10時から18時まで

室内面積

室内面積:約20坪

収容人数

約30〜40名程度

利用料

開館時間内であれば、原則無料
※専用利用の場合は、1時間当たり1,010円

  1. 利用時間が1時間に満たない場合または1時間未満の端数がある場合は、これを1時間とします。
  2. 利用のための準備及び原状回復に要する時間は、利用時間に含みます。
  3. 開館時間外に利用する場合は、利用時間に含みます。

利用方法

(1)利用申込について

バスや電車の待ち時間での利用、個人で読書を楽しみたいとき、少人数での交流を目的とした活動などの利用については、申し込みは不要です。

施設内の机・椅子など備品や、スペースの一角を予約して利用する場合は、事前の申し込みが必要です。(※先着順)

予約の確認については、多世代交流拠点施設「横河原ぷらっとHOME」専用サイト(外部サイト)<外部リンク>をご覧ください。

(2)申込方法

事前に電話、Fax、メールにより、利用希望日の空き状況を確認し、利用する7日前までに、東温市に施設利用申請書を提出してください。

利用申請書

ぷらっとHOMEってどんなところ?

  • セルフカフェとして
    お茶やコーヒーなどを入れて皆で飲むことができます。
  • ミニ図書館・ミニお料理教室として
    お気に入りの本を持ち込んで、気楽に読書を楽しめるミニ図書館として利用したり、簡易キッチンを使ったミニお料理教室として利用できます。
  • 駅前の待合・休憩所として
    電車やバスの待ち時間に気軽に立ち寄り、ひと時の休憩に利用できます。

ぷらっとHOMEはどんなことができるの?

  • ワークショップ・ミーティングの場所として
    仲間同士で気軽に集まって、ミーティング、打ち合わせなどができます。
  • 趣味の発表の場、展示会として
    趣味の発表会、写真・絵画の作品展、研究発表の場として利用できます。
  • 活躍の場として
    ちょっとした講座や教室、イベントなどに利用できます。

横河原ぷらっとHOME1横河原ぷらっとHOME2

関連資料

本施設の開設に当たり、住民参加型のワークショップを開催し、「どんな施設にしたいか」「どんな活動をしたいか」の施設のイメージや、 実際の運営体制や施設のルールなどを話し合いました。
また、施設の名称やオープニングイベントなどについても話し合いました。

各ワークショップのレポート

第1回ワークショップ(2015年11月16日) [PDFファイル/687KB]
第2回ワークショップ(2015年12月15日) [PDFファイル/566KB]
第3回ワークショップ(2016年1月20日) [PDFファイル/808KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)