ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 企画政策課 > 東温市人口ビジョン及び東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

本文

東温市人口ビジョン及び東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

更新日:2022年3月31日更新
 本市では、平成26年11月に施行された「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、平成27年10月に「東温市人口ビジョン」及び「東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

東温市人口ビジョン

(1)人口ビジョンの位置づけ
 人口ビジョンは、本市における人口の現状を分析するとともに、人口に関する市民の認識を共有し、今後目指すべき将来の方向と人口の将来展望を示すものであり、まち・ひと・しごと創生の実現に向けて効果的な施策を企画立案する上で、重要な基礎として位置づけています。

(2)対象期間
 長期的な視野に立った展望を行うため、国の長期ビジョンの対象期間である2060年までとします。

(3)人口の将来展望
 ・自然増減の仮定:合計特殊出生率が2030年に1.80、2040年に2.07まで段階的に向上
 ・社会増減の仮定:20から30代の若年層を中心に、幅広い年代層で転入増

 →目指すべき人口を、『2060年に30,000人』と設定

東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略

(1)策定の趣旨
 魅力ある「まち」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む好循環を確立することで人口減少に歯止めをかけ、「元気な東温市」を将来にわたって維持していくため、4つの基本目標を設定して策定しました。

(2)計画期間
 平成27年度から平成31年度までの5年間

(3)基本目標
 基本目標1「安定した雇用環境をつくる」
 基本目標2「住みよさを全国に広くアピールし、新しい人の流れをつくる」
 基本目標3「出会い、子どもを産み、育てていく希望がかなうまちをつくる」
 基本目標4「安心して生涯暮らせる、夢の持てる地域社会をつくる」

第2期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略

(1)策定の趣旨
 「東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略」が令和2年3月で計画期間を終了したことから、引き続いて「第2期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。
 今期の総合戦略の策定にあたっては、SDGs(Sustainable Development Goals)の理念を参考にしながら、SDGsに掲げる国際的な目標、ターゲットを本市の地域課題として捉え直し、これらの地域課題を解決するための施策を盛り込むことで、持続可能な地域社会の構築を目指します。

(2)計画期間
 令和2年度から令和7年度までの6年間

(3)基本目標
 基本目標1「誰もが安心して働ける、多様で魅力的なしごとの場をつくる」
 基本目標2「住みよさを全国に広くアピールし、新しい人の流れをつくる」
 基本目標3「出会い、子どもを産み、育てていく希望がかなうまちをつくる」
 基本目標4「安心して生涯暮らせる、夢の持てる地域社会をつくる」

第2期東温市まち・ひと・しごと創生総合戦略の改訂(令和4年3月)

 総合戦略では、4つの基本目標を達成するため、官民一体となって戦略に掲げた内容を具体化し実行するとともに、PDCAサイクルによる事業の進捗管理を行い、より効果的に施策を展開していきます。

 また、その内容については、社会情勢の変化、施策の進捗や効果の検証を行いながら、必要に応じて見直すものとしており、施策の概要や行動目標・成果目標の改訂を行いました。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)